印鑑の素材について

印鑑を作る際の素材について

初めて印鑑を作る際の素材

印鑑印鑑には銀行印や実印、角印や丸印など様々な用途やケースで使用される為、形や書体なども様々です。そして、印鑑の印象で最も大事なのがどのような素材を使用しているのか、という点です。今回は印鑑を作る際の素材についてみなさんにご紹介させていただきます。

みなさんの中で印鑑の素材はどれを選んでも同じという考えの方は少なくないでしょう。しかし、使用する素材によっては仕上がりにも影響が出てくるほど印鑑の素材は重要です。どんな商品であっても高いお金を出せばもちろん良い商品が手に入るわけですが、印鑑を作る際には1円でも安く、質の高い印鑑を作りたいと思うのは当然のことでしょう。そんな方にリーズナブルでかつ質の高い印鑑を作りたいということでおすすめする印鑑の素材があります。

それは彩樺と黒水牛という素材です。このどちらの素材も通常の印鑑として使用するのであれば質も問題なく、かつ値段も安いです。平均的な価格で言うと3,000円台の印鑑から取り扱っているお店もあるくらい値段が安いです。この素材はどちらも金属製ではない素材ですので、金属のように加工の手間がかかることもなく少し安い値段で購入ができるというメリットがあります。安い値段だからといって、耐久性に問題があるのかもと思われる方もいらっしゃいますが、耐久性についてもこの値段では十分過ぎるほどありますので、初めて印鑑を作る方などにこの彩樺と黒水牛という素材はおすすめの素材と言えるでしょう。

つづいて男性と女性に人気の印鑑素材について紹介していきます。